『蒼き革命のヴァルキュリア』後に“奇跡の解放戦争”と称される「五人の大罪人」が公開…彼らの罪とは?

セガゲームス コンシューマ・オンライン カンパニーは、PS4ソフト『蒼き革命のヴァルキュリア』の新キャラクター「五人の大罪人」を公開しました。

『蒼き革命のヴァルキュリア』は、『ヴァルキュリア』シリーズ最新作となるRPGです。本作では、復讐を果たすため国をも巻き込む戦争を仕掛けた主人公たち、そして目的遂行の最大の敵として現れる「ヴァルキュリア」の物語が描かれます。

今回公開された「五人の大罪人」は、後に「奇跡の解放戦争」と称される、ユトランド王国とルーシ帝国との戦争を主導した若者五人の歴史上の蔑称です。彼らは「復讐」という私怒のために、国をも巻き込む戦争を仕掛け、 「主導した罪」と「王女オフィーリアを謀った不敬罪」という2つの大きな罪を犯し、戦後裁かれ死罪に。