スーパーで万引したとして、京都府警右京署は15日、窃盗の疑いで、京都市内に住む22歳と25歳の派遣コンパニオンと、ホステス(22)の3人の女を逮捕した。

 同署によると、22歳の派遣コンパニオンは容疑を認めているが、ほか2人は「あとで払うつもりだった」と否認している。

 逮捕容疑は14日午後5時ごろ、京都市右京区のスーパーで、歯ブラシなど日用品や食料品、エコバッグなど計9点(販売価格約3千円)を盗んだとしている。

 同署によると、3人は、商品を買い物かごに入れ、レジで精算をしないまま、販売されていたエコバッグに商品を詰め込んで立ち去ったという。

 3人はほかにも、化粧品やお茶2リットル6本入りのケースなど、計54点(販売価格約4万5千円)を複数のエコバッグに入れて手分けをして運んでおり、精算をしないまま大量の商品を運ぶ3人組の様子を確認した保安員(55)が声をかけ、発覚した。